top of page
検索
  • ひかる

塗料の種類             ウレタン?シリコン?フッ素?

更新日:2022年3月14日


塗料には安価なものから高価なものまで様々あります。


耐用年数であったり耐候性,低汚染など塗膜による様々な効果によって変わってきます。





つまり耐用年数が長い塗料を使用するとしたら,価格も当然上がるわけです。


さらに遮熱性や断熱性のあるものは比較的に高価な材料の部類に入ります。






そうであれば塗り替えの際に,多少お金をかけても高価な塗料で塗装してメンテナンスのサイクルを長くする方が良いのでしょうか・・・


必ずしもそうとは言えません。


確かにフッ素樹脂の塗装を施工したのであれば,外壁は15年は持ちます。ただそれは塗膜剥離や劣化が少し遅くなるという事にすぎません。壁の塗装は剝がれませんが汚れは必ずあります。耐用年数はあったとしてもコケやカビは必ず発生します。

それに付帯部の破風板や木部・鉄部などは15年耐久の塗料を塗ったとしても,外壁や屋根と比べて劣化は早いです。



塗り替えをしようとする場合,耐用年数になったからでしょうか?それとも汚れが目立ってきたからでしょうか?ほとんどの人が後者だと思います。

ほかの人からの見た目,美観が気になるからです。



外壁がサイディングの場合は継ぎ目にシーリングが施工されており,その寿命は10年位と言われています。

そのシーリングの上に15年耐久の塗装をしたらシーリングの寿命も延びるのでしょうか・・・


それはありません‼


外壁を綺麗に塗装したのに年数が経つとシーリングだけが劣化していたり割れていたりするのはそういう理由です。その時には15年はまだ経過していないのにシーリング工事の必要が生じるという事もあります。




仮に,フッ素樹脂の塗装をして150万かかったとします。次回に塗り替えるのは15年後と計算すると,塗膜を30年もたせるために2回の塗装で300万かかることになります。


シリコン樹脂の塗装はどうでしょうか。100万円かかったとします。10年毎に塗装しますので,塗膜を30年もたせるために3回の塗装で300万です。これはおよその計算ですが実際はそんなに変わらないんです。


そう考えると,10年毎に塗り替えをしてリフレッシュした方が常に美観を保ったままの状態でいられるのかなと思います。



これは塗装業を25年ほどしている私の個人的な考え方なので,苦情や反対意見は受け付けません(笑)

閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page